会員メールアドレス登録

日本神経治療学会事務局

jsnt1@kind.ocn.ne.jp

  • HOME
  •  > 理事長挨拶

総会案内

 理事長この度、中島健二先生の後任として、日本神経治療学会理事長に就任いたしました獨協医科大学神経内科の平田幸一です。大変光栄に感じますと共に、伝統ある本学会のことを率いてゆく者としてその重責に身のひきしまる思いであります。とくに、学会の法人化や学会誌の電子化など多くの業績をあげられた中島健二理事長の後を引き継させていただくことは本当に大変なことと痛切に考えております。

 そこでまず、これまでの本学会の歴史をごく簡単に振り返り、本学会が現在抱えている問題、そして今後の課題について述べてみたいと思います。

 神経疾患は最近まで難しいし領域だし治らないものとして学生からも嫌われるというような傾向にありました。しかし、いまや神経疾患の多くには治療法が確立しつつあり、残された疾患をどう治療してゆくかという新たな進展の域に達しています。また後述いたしますように超少子高齢化社会を迎えたわが国に神経疾患の治療がいかに重要か、国民全体が知るべき時にきております。

 本会の前身といえる神経内科治療研究会は神経治療がまだ黎明期といえる1983年、神経内科治療に対する知識の普及と日常診療における実践に役立つような趣旨で発足しました。1992年に日本神経治療学会へと発展し、平山惠造先生が初代理事長に就任されました。それと共に、機関誌も「神経内科治療」から「神経治療学」へと誌名も変わり、薬物治療はもとより、看護やリハビリテーションに至るまで神経学的基盤に立ったうえでの神経内科の周辺領域との密な連携、更にはそれを包含した大きな視点に立った神経治療を目指すものへと発展しました。

 歴代理事長は髙橋和郎先生、田代邦雄先生、糸山泰人先生そして中島健二先生で、神経治療学会を率いて育てていただいた素晴らしいリーダーの方々です。
 その間、本会の視点は遺伝子治療、看護治療からリハビリテーションまで、すべてを総動員してできなかった治療を可能にすることに注がれてきました。
 その素晴らしい成果として次にあげられるものが歴史に残っていきました。すなわち

他学会に先駆けて神経疾患の治療ガイドライン作成について議論が開始され、治療指針作成委員会による指針が作られたこと
神経治療のための創薬への取り組みが進められたこと
米国のASENT(American Society for Experimental Neuro Therapeutics)との交流を始めたこと
神経疾患における医療ニーズを明らかにしたこと
機関誌を電子ジャーナルにし、 国内のみならず海外の読者も獲得しつつあること
学会を任意団体から法人とし、 社会的に広く発言できるようにしたこと

などがあげられます。

 次にこれから日本神経治療学会の更なる存在価値と発展のため小職がどう行動してゆくかについて述べたいと思います。それは神経治療学会の認知度を高め、会員の皆様のみならず国民にとって魅力あるものにするということに尽きます。どう実行してゆくかにつきましては、もちろん皆様とご一緒に考えて、お力を拝借することは言うまでもありませんが、具体的に考えますと以下のようになると思います。

総会時のマラソンレクチャーなどの踏襲とともに学会での演題や学会誌に次世代を担う若手を登用する。臨床薬理学会など基礎的な学会との交流や認知症、頭痛、脳卒中やてんかんなどのcommon diseaseを扱う学会と大胆に手を組み、治療に関する総合的な共同事業を行う。
回復期、慢性期の神経治療を第一線の医師、看護師、薬剤師とともに考え、ともに行い、そして、在宅などでの診療の実技の研鑽の場を設ける。
総合診療科やターミナルケア医療など、初期治療や末期治療を行っている新たな領域とともに活動する。
神経治療勉強会を定期的に開催し地道でかつ効率的な神経治療教育を行う。
学会として医療資源の節減を念頭においた神経治療学を考える
IT、グローバル化を念頭においた神経治療(遠隔治療)をさらに進める
ヘルスケアに重点をおいた神経疾患の予防治療を行う

 皆様いかがでしょうか?皆さまのアイディアによる開かれた学会活動を前面に押し出したい所存です。理事・評議員・会員の皆様のご意見をお聞きしながら、本学会が独自性を持ってさらに発展していくよう努力していきたいと考えておりますので、何とぞ宜しくお願い申し上げます

2018年1月

一般社団法人日本神経治療学会
理事長  平田幸一

このページのTOPへ